コラム プレーン(曲)

【JOOXルークトゥン・トップ10】今週の注目はまもなく1億ヴューのあの曲!

更新日:

Pocket

先週からお伝えしております、音楽ストリーミングアプリ「JOOX」が発表しているルークトゥンのヒットチャート。

先週の順位はこちらの記事でご確認いただけます。

【タイで人気の曲はこれだ!】JOOXルークトゥン9月3日付トップ10

スポンサーリンク

スポンサーリンク




では、今回は前置き抜きで、早速チャートの発表をしたいと思います。

しかしながら・・・、今週は先週のチャートと顔ぶれは変わらず、順位が移動しただけで、あまり新鮮味のないチャートになってしまいました。

10.โคตรเลวในดวงใจ(コート・レーウ・ナイ・ドゥアンヂャイ)/ตั๊กแตน ชลดา(タカテーン・チョンラダー)

9.บ่ต้องห่วงอ้าย(ボ・トン・フアン・アーイ)/ไหมไทย หัวใจศิลป์(マイタイ・フアヂャイシン)

8.ฉันยังรักเธอ(チャン・ヤン・ラック・トァー)/เต้ย อภิวัฒน์ feat. ยุ่งยิ่ง กนกนันท์(トゥーイ・アピワット feat.ユンイン・ガノックナン)

7.จากใจแฟนเก่า(ヂャーク・ヂャイ・フェーン・ガオ)/คะแนน นัจนันท์(カネーン・ナッヂャナン)

6.ห่อหมกฮวกไปฝากป้า(ホーモック・フアック・パイ・ファーク・パー)/ลำเพลิน วงศกร feat. เต๊ะ ตระกูลตอ(ラムプルーン・ウォンサゴンfeat.テッ・トラーグーント)

5.รำคาณกะบอกกันเด้อ(ラムカーン・ガ・ボーク・ガン・ドゥー)/ลำเพลิน วงศกร(ラムプルーン・ウォンサゴン)

4.ฝากใบลา(ファーク・バイ・ラー)/เนย ภัสวรรณ(ヌーイ・パッサワン)

3.เฮ็ดทุกวิถีทาง(ヘット・トゥック・ウィティー・ターン)/เบิ้ล ปทุมราช feat. ก้อง ห้วยไร่(ブン・パトゥムラートfeat.ゴン・フアイライ)

2.ซังได้ซังแล้ว(サン・ダイ・サン・レーウ)/ต่าย อรทัย(ターイ・オラタイ)

1.เทพบุตรใจหมา(テープブット・ヂャイ・マー)/ฐา ขนิษ(ター・カニット)


 

まず、ひとつ訂正があります。

今週8位に入っている曲「チャン・ヤン・ラック・トァー」を歌っている女性歌手ユンインの名前なのですが、先週は「ガンガナン」と表記してしまいました。しかし、正しくは「ガノックナン」と読むそうです。失礼いたしました。

また、毎回各曲の動画を貼っていくと、ページが重くなってしまうので、今回からその週のチャートのプレイリストを制作しました。

左上の3本線(≡)をクリックすると今週チャートインしている曲が見られます。順番は10⇒1位になっています。

【プレイリスト】JOOXルークトゥン、9月10日付けトップ10

スポンサーリンク

スポンサーリンク




今週、注目しておきたい曲は、先週6位から5位にランクアップしたラムプルーン・ウォンサゴンの曲「ラムカーン・ガ・ボークガンドゥー」です。

前回の記事で1位のター・カニットの曲「テープブット・ヂャイ・マー」が公開2ヶ月弱で1億ヴューを達成したとお伝えしました。

それも相当凄い事だと思っていたのですが・・・、

ラムプルーンのこの曲はそれをさらに上回る、公開1ヶ月弱でまもなく1億ヴューを達成しそうな勢いです(公開日は2018年8月5日。9月13日の時点で9600万再生)。

ただ、この曲は業界最大手のGrammy Goldからリリースされているから・・・、と言いたくもなりますが、インターネット上ではインディーもメイジャーも対等ですからね。これは素直に凄い事です。

◆ラムカーン・ガ・ボークガン・ドゥー/ラムプルーン・ウォンサゴン

実際、聴いてみると確かに耳馴染みの良いメロディーですよね。

とはいえ、男から見ると歌にパンチがなくて、ふにゃふにゃした感は否めません。

しかし、「男らしい」という言葉が無いタイで、女性も男に対して男らしさというのを求めていないのか、こういう男性がとてもモテるんです。日本人にはなかなか理解し難いですが(笑)。

ちなみに、ラムプルーン・ウォンサゴンはGrammy Goldの新人発掘プロジェクト「ノーンマイ・タイダーオ、シーズン2」の一員としてデビューしました。

正直、この6人のメンバーの中でラムプルーンってあまり目立つタイプではなかったので、「ホーモック・フアック・・・」で一躍時の人になった時にはビックリしました。

メジャーが存在感を失いつつある今のルークトゥン・モーラムで、主流のイサーン・インディーの歌手と組むことで、ノーンマイ・タイダーオの他のメンバーより先に頭ひとつ抜き出たラムプルーン。

もしかしたら、意外とクレバーなタイプなのかもしれません(自分で作詞・作曲も出来るようですし)。

最後にこの「ラムカーン・ガ・・・」という曲は女性歌手に人気の曲でもありまして、YouTubeにはカヴァーが何曲もアップされています。

それを紹介したいと思います。

◆ラムカーン・ガ・ボークガン・ドゥー(カヴァー)/カネーン・ナッヂャナン

◆ラムカーン・ガ・ボークガン・ドゥー(カヴァー)/グラターイ・パンニパー

◆ラムカーン・ガ・ボークガン・ドゥー(カヴァー)/ベル・ニパーダー

スポンサーリンク

スポンサーリンク




皆それぞれアレンジを工夫していて、聴き応えがあります。

以前、ルークトゥンの世界では男性が歌う歌は男性が、女性が歌う歌は女性がカヴァーするという掟のようなものがあったのですが、最近はそういうのが無くなってきていて、歌いたい歌を歌うと、かなり自由になってきていますね。

この歌はメロディーが女性にウケるタイプの曲だったのかもしれません。

今回ピックアップした3曲のカヴァーの中では、個人的には今一番注目している歌手グラターイ・パンニパーのカヴァーが好きです。彼女はたぶん10代半ばだと思うのですが、この若さで情念を感じさせる歌を歌えるって・・・、ただ者じゃありません。

皆さんはどのカヴァーがお好みだったでしょうか。

さて、来週はどんなランキングになっているでしょうか。お楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




スポンサーリンク




おすすめ記事

-コラム, プレーン(曲)
-,

jaJapanese
thThai jaJapanese

Copyright© ルークトゥンモーラム・ファンクラブ , 2018 All Rights Reserved.