コラム プレーン(曲)

ワイワイタイランド「イサーン音楽の今」特集とコンピCDの収録曲

投稿日:

Pocket

タイの情報に特化した、日本で数少ないタイ専門雑誌「ワイワイタイランド」。

この雑誌で毎号「華麗なるモーラムの世界」というコラムを書かせていただいているのですが、6月10日発売の7月号(No.236)では、巻頭12ページで、今のイサーン音楽の面白さをまとめた特集「イサーン音楽の今」をこのブログで監修させていただきました。

ワイワイタイランド「イサーン音楽の今」特集号の表紙

この特集は、「モーラム楽団」、「イサーン・インディー」、「ロットヘー」、「イサーン・ニューウェイブ」の4つの項目でイサーン音楽を分析し、さらに日本で初となるラムヤイ・ハイトーンカムのインタビューを掲載。

記事中にはYouTubeとFacebookのリンクを40以上添付してありますので、目だけではなく耳でも音楽を確かめられるようにしました。

タイ音楽をまだ聴いた事のない人から、タイ音楽にはまっている人まで楽しめる内容になっていますので、ぜひ読んでいただければと思います。

◆ワイワイタイランドNo.236「イサーン音楽の今」プレビュー動画

◆ご購入はこちらから
https://waithai.base.shop/items/30167914

この雑誌の発売に関連して、先日、東京の2か所のタイ料理店で、よりイサーン音楽を身体で感じてもらおうと、イサーン現地で撮影した映像を見ながら、特集の内容に沿って話をするイベントを開催しました。

当日は、本では紹介しなかった曲や歌手なども紹介しながらの2時間で、初めて来ていただいた方や、タイのコンサート会場ではよく会う、タイ音楽好き仲間とも久々に会う事が出来、有意義な時間が過ごせました。

そのイベントの帰りの際、皆様に家でもタイ音楽を楽しんでもらいたいと思い、僕が選曲したコンピレーションCDをお配りしました。

そのCDには曲目リストはおろか、盤面にも何も書いていない状態でお渡ししてしまったので、お持ち帰りいただいた方は何のことかさっぱり分からないかもしれません。

なので、このブログで簡単に収録曲の紹介をしたいと思います。ご参考にしていただければと思います。

ちなみに、CDはiTunesで再生するとタイトルが出るようになっています(ただし、全てタイ語ですけど)。

1.ป๊าดติโท้(パーッ・ティ・トー)- แสงดาว พิมมะศรี(セーンダーオ・ピムマシー)
https://www.youtube.com/embed/8NG8RMuPRQ0

ナーンファー・サーラパン(นางฟ้าสารภัญ)」が大ヒットしたセーンダーオの今の所の最新曲。

イントロがモーラムの定番フレーズになっているので、1曲目にしました。

「ナンファー・・・」同様、アップテンポの曲で、コンサートやロットヘーでもカヴァーされています。

2.มะล่องก่องแก่ง(マローン・ゴーン・ゲーン)- พจน์ สายอินดี้(ポット・サーイインディー)
https://www.youtube.com/embed/LIFxn7gkqc0

「自由にカヴァーしてください」と無料でカラオケを提供したことで、たくさんの歌手がカヴァー動画をアップしていた曲。そのおかげで大ヒットになりました。

ただ、不思議なのがオリジナルのこのヴァージョンよりも、カヴァー動画の方がYouTube再生回数が多い事。

◆そのカヴァー動画はこちら→มะล่องก่องแก่ง[MALONG KONGKAENG] - Cover : มอส จารุภัทร Feat.แฮปปี้ ปริญญา

とぼけた雰囲気がイサーン・インディーらしさを感じさせる1曲。

3.ธาตุแท้(タートゥ・テー)- จินตหรา พูนลาภ feat.ใบปอ รัตติยา(チンタラー・プーンラープfeat.バイポー・ラティヤー)
https://www.youtube.com/embed/eak97fsuaCw

ロットヘーの女王と呼ばれるバイポー・ラッティヤーの曲を入れたかったのですが、彼女の曲は全然ダウンロード販売されていないので、このチンタラーとのコラボ曲を選びました。

バイポーの出番は少ないんですけど、彼女の魅力はよく分かるのではないかと思います。

ちなみに、彼女の新曲「マック・レーウ・ラッ(มักแล้วล่ะ)」が、彼女の誕生日である7月1日に公開されました。

こちらも併せて、お楽しみください。

4.ขอแท็กแฟนเก่า(コー・テック・フェーン・ガオ)- ต้าร์ ตจว.(ター・トーヂョーウォー)
https://www.youtube.com/embed/Fa1y6D_3B1s

イベントではイサーン・インディーの注目歌手の一人で挙げたターの、再生1憶回を超えた大ヒット曲。

地味な歌手ではありますが、その実力は本物ですし、素晴らしいアーティストですので、これからの活躍も期待している一人です。

5.อยู่บ่ได้(ユー・ボ・ダイ)- เต้ย อภิวัฒน์(トゥーイ・アピワット)
https://www.youtube.com/embed/O1dO5lHvfyE

チャン・ヤン・ラック・トァー(ฉันยังรักเธอ)」のヒットで人気歌手になったトゥーイの2019年公開のバラード。

彼が昨年リリースした3曲の再生回数を合計すると、6憶回を超えるという所からも、タイでのトゥーイの人気ぶりがうかがえます。

この曲はMVも面白い作りなので、ぜひ一度見ていただきたいと思います。

6.เด๋อเดี่ยงด่าง(ドゥー・ディアン・ダーン)- ลำไย ไหทองคำ(ラムヤイ・ハイトーンカム)
https://www.youtube.com/embed/5ow1dVCCzpg

コンサートでも沢山の歌手にカヴァーされた、ラムヤイの2019年のヒット曲。公開から1年で再生1憶回を超えました。

タイトルの意味は「シーソー」。

7.ใจสิเพ(ヂャイ・シ・ペー)- ลำไย ไหทองคำ(ラムヤイ・ハイトーンカム)
https://www.youtube.com/embed/kfcyO6bF--s

ラテン系のある曲に似ているという事で、パクり疑惑もあったこの曲ですが、そんな事言い出したらルークトゥンはほとんどパクりになってしまいますし、日本でも世間の人たちが耳にしている曲は大抵洋楽のパクりなので(ただ元ネタを知らないからオリジナルだと思っているだけ)、国を問わずポピュラーミュージックではよくある事です。

それはさておいても、この曲のラムヤイのヴォーカルはキュートな魅力が溢れていて、個人的にもお気に入りの1曲です。

8.น้ำตาย้อยโป็ก(ナムター・ヨーイ・ポック)- จินตหรา พูนลาภ(チンタラー・プーンラープ)
https://www.youtube.com/embed/RN2F3pW0oDg

前シーズンのモーラム楽団のコンサートでは、ほとんどすべての楽団で歌われていたと言っても過言ではないほど、モーラムコンサートでは大人気になったこの曲。

タオ・ンゴーイ(เต่างอย)」のヒット以降、チンタラーの勢いはとどまる所を知りません。

9.โบกใหญ่ๆ(ボーク・ヤイ・ヤイ)- ตั๊กแตน ชลดา(タカテーン・チョンラダー)
https://www.youtube.com/embed/rJKxch6krmM

このブログでも紹介した、タカテーンがモーラム路線の曲に挑戦したアルバムから、タイトル曲をチョイス。

タカテーンの歌とサワット・サーラカーム先生の迫力のあるアレンジは、相性が良い。

10.ตีลังกาฟ้าปลิ้น(ティー・ランガー・ファープリン)- แพรวพราว แสงทอง(プレーウプラーウ・セーントーン)
https://www.youtube.com/embed/S_xrBmq8Wuc

タカテーンの曲と同様、こちらもサワット・サーラカーム先生のアレンジによる曲。この曲も前シーズンのモーラムコンサートではよく耳にしました。

プレーウプラーウの凄みのある歌とサワット先生の組み合わせなんて、最強というしかないでしょう。

11.กอดเสาเถียง(ゴート・サオ・ティアン)- ปรีชา ปัดภัย(プリーチャー・パッパイ)
https://www.youtube.com/embed/V_bAbvSZb1w

タイでコンサートを観ている時、皆が一斉に大合唱になった曲が有ったので、何の曲かと調べたらこの曲でした。

イサーンの人たちに大人気のドラマシリーズ「タイバーン(ไทบ้าน)」関連の1曲ですが、MVが1年を満たずに3憶再生に届こうかという所からも、この曲の人気ぶりがうかがえます。

12.ขอบใจเด้อ(コープ・ヂャイ・ドゥー)- ศาล สานศิลป์(サーン・サーンシン)
https://www.youtube.com/embed/j0-HipejG2c

こちらも11曲目と同様、タイバーンシリーズ関連の曲で、やはり再生回数が1年で2憶回超えという人気の曲です。

「コープ・ヂャイ・ドゥー」というのはイサーン語で、標準タイ語だと「コープクン・クラップ」に相当する言葉。つまり「ありがとう」という意味です。

素朴な曲も良いですが、甘酸っぱいMVもかわいいですね。

13.เจ็บตรงนี้(ヂェップ・トロン・ニー)- ลำไย ไหทองคำ(ラムヤイ・ハイトーンカム)
https://www.youtube.com/embed/DRp08nfY15U

自然成分で作られた軟膏が、発売25周年という事で、その記念として作られたラムヤイの今の所の最新曲ですが、MVのドラマ部分にいろいろ難癖をつけられて、悪い意味で話題になってしまった曲(現在、MVはニューヴァージョンに変更になっています)。

しかし、曲はいたって普通で、ラムヤイが得意とするアップテンポのダンサブルな曲です。

ただ、そのクレームの件やコロナ渦と重なってしまい、いまいちヒットしなかったのが残念な所。

14.นัดมาโลด(ナット・マー・ロート)- ลำไย ไหทองคำ, เจนนี่ ได้หมดถ้าสดชื่น, เนสกาแฟ ศรีนคร และ อาม ชุติมา(ラムヤイ・ハイトーンカム、ヂェニー・ダイモットターソットチューン、ネスカフェー・シーナコン、アーム・チュティマー)
https://www.youtube.com/embed/g2vzz0P_Lx8

本来4月30日に公開の予定でしたが、コロナの影響で延期になり、ようやく7月23日に公開されることになった映画「ハック・トゥーッ・トゥーン(ฮักเถิดเทิง)」のテーマ曲。

イサーン・インディーの人気女性歌手+ジェニー(南部)という夢の組み合わせですが、ラムヤイ、アーム、ネスはちょっと前まで、この3人でコンサートをやっていた事を考えると、まさに夢のようです。

15.ติ้งลิงติ่ง(ティン・リン・ティン)- คะแนน นัจนันท์, เจนนี่ สิงห์มิวสิค & สายแนน สิงห์มิวสิค(カネーン・ナッヂャナン、ヂェニー・シンミュージック、サーイネーン・シンミュージック)
https://www.youtube.com/embed/sBd73oMgls8

ここ最近の曲では一番のお気に入りの曲がこれ。

シン・ミュージックに所属する3人の女性歌手が、この曲の為に組んだスペシャルユニットですが、3人の歌の実力もさることながら、キャラクターのバランスも非常に良いと思います。

年代的にも、キャンディーズに通じるものがあるなと、いつも曲を聴きながら思っています。

16.สะออนอีสาน(サオーン・イサーン)- อ๋อมแอ๋ม ละมัยแสงทอง(オームエーム・ラマイセーントーン)
https://www.youtube.com/embed/XL_7zFemj-k

最後は、イサーン音楽の特集なので、イサーンらしさ全開の曲を選んでみました。

イサーンの素晴らしさを伝えるこの曲。MVを観ていただくと、その理由を分かっていただけると思います。

オームエームは本の方では取り上げていませんが、素晴らしい歌手なので、たくさんの人に知ってもらいたい歌手です。

このCDをBGMに、ワイワイタイランドのイサーン音楽特集を読んでいただけると、より理解が深まる気がします。

かなりマニアックな特集ではありますが、少しでもタイ音楽に興味を持ってくれる人が増える事と嬉しいです。

ワイワイタイランドNo.236(2020年7月号)特集「イサーン音楽の今」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




スポンサーリンク




おすすめ記事

-コラム, プレーン(曲)

thThai
jaJapanese thThai

Copyright© ルークトゥンモーラム・ファンクラブ , 2020 All Rights Reserved.