「ルークトゥンモーラム関連本」 一覧

【本】タイ・演歌の王国・・・ルークトゥンモーラムを通して見るタイ社会

『タイ・演歌の王国』大内 治/著 (現代書館 1999年発行) 第一章・・・ルークトゥン・モーラムを見に行く 第二章・・・ハーン・クルアン(踊り子)考 第三章・・・《ルークトゥン》の世界 第四章・・・《ルークトゥン》を読む ルークトゥンモーラムが日本人に知られるようになってだいぶ経ちますが、日本語で書かれたこのジャンルに関する本というのはまだまだ少ないのが現状です。 この本「タイ・演歌の王国」はそんな数少ない中の貴重な1冊です。 発行されてから長い時間が経ってしまっていますが、今でもルークトゥンモーラムという音楽を楽しむ上で重要な情報も多く書かれている、ファンにとっては価値のある本と言えます。 ただし、大内氏は「まえがき」でも書いていますが、この本はルークトゥンモーラムの専門書ではなく、歌詞から「タイ」という社会を読む、というスタンスで書かれています。 それは多分、この著者はもともと音楽好きだったという訳ではなく、たまたまタイでルークトゥンモーラムという音楽に興味を持っただけ、だからだと思います。 この本を読んでいると、「この人は音楽の事はあまり知らないんだろうな」と感じる部分が多々見受けられます。 ですが、本書にしか書かれていない情報なども多く、ファンにとっては参考になる内容である事は事実です。 本書の内容は、大きく前半と後半に分けることが出来ます。 前半の第一章と第二章はバンコクとイサーンでのモーラムを中心としたコンサートから見えるタイの社会と、コンサートの華「ハーン・クルアーン」を大内氏なりに分析した内容です。 シリポン・アムパイポンのコンサートでの衝撃の体験から始まるコンサート見聞録を読むと、タイにおけるコンサートのあり方というのが今も昔もまったく変わっていないというのが分かって興味深いです。外国人がルークトゥンモーラムのコンサートを観るには、本当に難しいのだなぁ、というのが身に染みます。 また、「ハーン・クルアーン考」は大内氏ならではの視点で描かれていて、興味深い内容になっています。自分は踊り子すべてを「ハーン・クルアーン」と呼ぶのかと思っていましたが、大内氏はハッキリと「ハーン・クルアーン」と「ダンサー」は違うという事を述べていて、この辺りは大内氏独自の考えが垣間見えて、なかなか面白く感じました。 後半の第三章と第四章はルークトゥンを扱ったパートで、第三章ではルークトゥンの歴史を、第四章ではルークトゥンの歴史的歌手のプロフィールと、ルークトゥン最大のヒット曲と言われているインヨン・ヨードブアガームの「ソムシー1992」の歌詞から、ヒットする曲の理由を考察しています。 ◆インヨン・ヨードブアガーム(ยิ่งยง ยอดบัวงาม)/ソムシー1992(สมศรี1992) この本を通して読むと、大内氏が主張する「ルークトゥンモーラムはタイが見えてくる音楽」という事が良く分かります。 今は沈静化していますが、完全に無くなった訳ではない赤対黄色の問題など、モーラムがタイ(特に中央)で過去、どのように扱われてきたのかを知ると、モーラムという音楽をより深く理解出来るような気がします。 また、ルークトゥンはあまり興味のない人が聴くとどれも同じような曲に聴こえるかも知れませんが、ひとつの曲に100の歌詞と言われるように、ルークトゥンの魅力の本質は歌詞にあるという事が本書を読むとよく分ります。 ただ、残念なのはタイトルに「演歌」という言葉を使っている点です。 ルークトゥンモーラムを実際に聴いたことのある方ならお分かりの通り、この音楽は歌謡性の高い音楽なので、演歌的な要素が含まれているは事実ですが、イコールで結べるほど狭い音楽性ではありません。 そこを安直に「演歌」という言葉を使ってしまった事で、世間に歪んだイメージを与える事になってしまったのは、大きなマイナス点です。 著者の大内氏は違うのかもしれませんが、多くの日本人は演歌に対して良いイメージを持っていません。 日本ではまだまだ知名度の低いこの音楽を、初めて聴く人にこの言葉を使えば、敬遠する可能性が大いにあることを、良く考えてタイトルを付けてほしかったというのが、ルークトゥンモーラムに関わる身としては思うところです。 とは言え、今もルークトゥンモーラムを知る上で避けて通れない本であることには変わりありません。

【雑誌】現場のリアルな空気が伝わる1990年代のコンサート・リポート

かつてミュージック・マガジン社から発行されていた、故中村とうよう氏がワールド・ミュージックを取り上げるために作った季刊誌「NOISE」。 その9号(1991年春号)にモーラム・コンサートのリポートが掲載されていました。 記事のタイトルは「タイの大衆歌謡 ルーク・トゥンを追って―ピンパー・ポーンシーリー・コンサート現地リポート」というもので、記事を書いたのはジャーナリスト、ジョン・クルーリー(John Clewley)という人です。 この頃は既に前川健一氏がルークトゥンの取材をされていたので、日本で初めてルークトゥンが取り上げられた記事とは言い切れませんが、タイ音楽が日本の雑誌で取り上げられた最初期のものである事には間違いありません。 この本が発売された当時、自分はまだタイの音楽が特に好きだった訳ではなく、タイという国にもおぼろげなイメージしかなかったんですが、このリポートにはどこか興味を引かれて、繰り返し読んでいました。 発表から20年以上が経過したこの記事ですが、読み返してみると様々な発見がありましたので、その内容を簡単に紹介したいと思います。 記事は全部で10ページに渡り、カラー写真もふんだんに使われていて、文章の素晴しさもあいまって臨場感たっぷりのリポートになっています。 ここではトンブリーにあるワット・バーンケーンで行われたピムパー・ポーンシリ(พิมพา พรศิริ)のコンサートをリポートしています。 今も現役で活躍しているピムパーですが、当時人気絶頂でして、彼女の楽団は総勢133人のスタッフと9台のトラックを有していた、と書かれています。 そしてコンサートやバックステージでのスタッフと踊り子たちとの様子を、非常に緻密に、時には演目の解説を交えながらリポートしてくれています。 中でも熱気溢れる客席の様子や、珍しい客を見つけるといじるコメディアンとのやり取りなど、臨場感溢れる描写が、今読んでもその現場にいるような感覚にさせてくれて素晴らしいです。 実際に現地でのルークトゥンコンサートを経験した後にこのリポートを読んでみると、形態や会場の様子の多少の変化はあれ、全体的なスタイルは基本的に変わっていない部分が多い事が良く分かります。 なお、ピムパーが1986年に出したヒット曲「サウジの妻の涙」のタイ語タイトルを、文中では「ナム・ター・ミア・スット」と表記していますが、正しくは「ナームター・ミア・サーウッ(น้ำตาเมียซาอุ)」です。 そして、全10ページの内、コンサート・リポートは半分で、残りはルークトゥンやモーラムの歴史、当時の現状、関係者の証言などにページを割かれています。 ただ、一部の記述は後に書かれた大内治氏の本「タイ・演歌の王国」と若干違っている部分もあり、この辺りは検証が必要です。 しかし、ベテラン・ラジオDJのヂェーンポップ氏の発言や、カントリー、ラテン音楽がルークトゥンに与えた影響、モーラムの変化の過程などは、このジャンルに興味があるものにとっては非常に重要で、資料としても貴重です。 そして、既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、この頃はまだプムプアン・ドゥアンヂャンが存命の頃でした。 今は神格化され、彼女の音楽を冷静に判断する人は少なくなっていますが、リアルタイムにプムプアンの歌に触れていたクルーリー氏は、晩年の彼女の歌を「サーコン(ポップス)寄りになって、その(歌の)力をほとんど失ってしまっていて残念」と書いているのも興味深い所です。 しかし、自分が思うにプムプアンの歌が力を失ったのは、ポップスよりになったからというよりも、当時の激務が祟って体調を崩してしまっていた事が大きな要因だったのではないでしょうか。ただ、それも最悪の結果になってしまったから言える事でもあるのですが・・・。 あと、この記事はクルーリー氏が英語で記述したものを編集部が翻訳したものである可能性が考えられ、タイ語の表記、特に人物名やジャンル名などが実際のタイ語とは違うものになってしまっているのが残念です(先のピムパーの名前もそうで、この雑誌の記事中では「ピンパー・ポーンシーリー」と表記されていますが、よりタイ語に近い表記にすると「ピムパー・ポーンシリ」になります)。 例えば、「カムロン・サンブンナーノン」が「カムロット・サンブーンナノン」になっていたり、「スラポン・ソムバッチャルーン」が「スラポン・ソンバッジャラーム」になっていたり、と。ただ、人物名は一部が分かれば何となく追い込めるのですが、一般的な単語だとかなり難しくなってしまいます。 記事中に「ガーン・トゥリアム・ルーク・トゥン」という表記があるのですが、最初、これが何のことだか分からなかったのですが、しばらく考えて、ようやく「カントゥルム(กันตรึม)」を意味している事が分かりました。 英語から起こすとタイ語の原音に近い表記というのは難しくなってしまいますので、その辺はいた仕方ありません。そんなマイナス面を鑑みても、このリポートはタイの音楽を知る上では非常に貴重な資料である事は変わりありません。 最後にこの記事の中のクルーリー氏が書いている文章で、特に感銘を受けた言葉を挙げておきたいと思います。 「タイのポピュラー音楽は、まだ我々が知らないアジアのポピュラー音楽の中でも、もっともすばらしいもののひとつだと思っている。外からの影響が文化と音楽の中に消化され、明らかにタイ的なものに変化する。(中略)ルークトゥンもさまざまなソースから取り入れ、ユニークなものを作り出していくのだ。」 タイ音楽の魅力を的確に表現していて、素晴らしい言葉だと思います。 今はブログというものがあり、写真と動画を貼り付ければ稚拙な文章でも、なんとなくリポートらしいものが出来上がってしまいますが、そういったものは大体1回は読めてもそれ以上繰り返し読む気にならないものです。 時間が経ってもそのコンサートの素晴しさ、現場での空気感を的確に伝えてくれるのは、音楽に対する愛情とそれを捉え伝える事の出来るセンスなのだという事を、この記事を読み返して実感させられました。

【雑誌】タイ歌謡が特集された1993年のミュージック・マガジン

以前から、タイ音楽に興味を持ったキッカケを聞かれた時には「雑誌「ミュージック・マガジン」で特集されたタイ音楽の記事を読んで」と答えていたのですが、その本はだいぶ前に処分してしまったので、それがいつのどういった特集だったか明確な記憶がありませんでした。 もう一度その記事を読み返したいと思いつつも情報が無くて、なかなか見つかりませんでしたが、ようやくその本を発見しました! その本はミュージック・マガジンの1993年5月号と6月号でした。 自分はてっきりプムプアンの生きていた頃(1992年6月以前)の記事だと思っていたのですが、それは自分の思い違いだった事がようやく判明しました。 しかし、自分がプムプアンを生前から知っていたことは確実なので、果してどのようにタイ音楽を知ったのか・・・?ますます分からなくなってしまいました(笑)。 それはさておき、この記事が掲載された時はまだ前川さんの本(まとわりつくタイの音楽)が発売される以前だったので、ノイズ1991年春号のコンサート・リポートと共に、当時のタイの音楽に関する情報としてはとても貴重なものでした。 20年も前の記事を読んだところで何になるのかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、今のルークトゥンとモーラムと比較してみることで、今のタイの音楽の理解がより深まる事もあると思います。 という訳で、簡単にここで書かれていることに関して触れてみたいと思います。 1993年5月号はコンサート・リポート この記事は「めくるめくタイ歌謡の世界」と題されて、2回に分けてミュージック・マガジンに掲載されたものです。 作者はタイ音楽のみならず、当時からアジア各国のポピュラー音楽を精力的に紹介されていた松村洋さん。アジア音楽に関する書籍も多数出版されています。 内容は5月号では、バンコクで観たルークトゥン・モーラムのコンサートの現地リポートになっています。 ◆めくるめくタイ歌謡の世界(上)「祭の夜空に響く歌声」(1993年5月号) ここではバンコクのペップリー・タットマイ通りにあるというワット・マイチョンロムというお寺で9日間に渡って行われたルークトゥン・モーラムのコンサート・リポートについて書かれています。 この時の出演歌手はプムプアン亡き後のトップ歌手として活躍していたスナーリー・ラーチャシーマーをはじめ、シリントラー・ニーヤーコーン、サーティット・トンチャイ、「ボー・ラック・シー・ダム」でブレイクしたシリポーン・アムパイポン、若き日のチンタラー・プーンラープ、プムプアンの後継者ユイ・ヤトゥユなどなど。 ただ、残念ながら松村氏の都合でシリントラーやサーティットのコンサートは取材できなかったようです。 実際に現地でルークトゥン・モーラムのコンサートを体験した事がある人がこの記事を読んだら、大体同じ感想を持つと思いますが、会場の雰囲気は今も20年前も基本的に変わっていませんね。 この時は入場料として50バーツを取られたそう。結構高いですね。今だったら100バーツくらいの感覚でしょうか。 貴重な若かりし頃のチンタラーとシリポーンのステージの様子 主に触れられている歌手はチンタラー、スナーリー、シリポーン。 チンタラーに関しては前川氏の本でも「いい年してステージでピョンピョン飛び跳ねている」とか書かれていましたが、ここでも「スキップなんかして・・・」とか書かれていてます(笑)。 しかもファッションがすごい。この時、彼女は22歳の誕生日直前だったそうですが、エッベオぶり(ぶりっこ)が良く分かる服装で、写真を見ると笑えます。 ◆このコンサートの時のチンタラーのファッション。 スナーリーに関しては安定したステージだったようで、さらりと触れているだけ。言い換えれば、目新しい部分が見つからなかった、とも言えます。前川氏いわく「工夫がない」。 シリポーンのステージは当時、彼女は自身の楽団を持って活動していたようなので、その完成されたクオリティーの高いステージに松村氏も感心しております。 ただ、シリポーンはもともと老け顔だったという事もあるでしょうが、「もう30歳を越えているのではないかと思われた」と書かれています。実際は当時は28歳でしたが。 それに「調子が悪かったのか(中略)、声が出ていなかった」とも書かれていますが、シリポーンは声をつぶしていますからね。あれが調子悪いとなると、今だに調子が良くないままになってしまいます(笑)。 ◆ステージでのシリポーン とは言え、さすが音楽ライター。洞察力が鋭いと思わせてくれる記述も沢山あります。 特に「寺祭りのショーは、私たちがふつうに考える“コンサート”ではないのだ。(中略)あらゆるものが乱反射し合って、きらめいている」という部分には膝を打ちました。 現地でコンサートを体験すると、いわゆるホール・コンサートに物足りなさを感じてしまうのは、こういう事が理由だったのだ、と。 ルークトゥン・モーラムを、ひいてはタイを知る上でもとても参考になるリポートだと言えます。 1993年6月号はアルバム紹介 そして、「めくるめくタイ歌謡の世界(下)」として6月号に掲載されているのは、当時のルークトゥン・モーラムのカセットを紹介する記事です。 ◆めくるめくタイ歌謡の世界(下)「ルークトゥンとモーラムのアルバムを一挙に紹介」(1993年6月号) ここではカムロン、スラポンなどのルークトゥンのオリジネーターからプムプアンはもちろんスナーリー、チンタラー、ユイ、バーンイェンなどの当時の人気歌手まで計24枚(本)のアルバムが取り上げられています。 この頃の特徴としてはガントゥルム(กันตรึม)が取り上げられていることでしょうか。松村氏はガントゥルムに特に注目していて、ガントゥルム・ロックの人気歌手ダーキーとも交流があったという理由もあると思いますが(ここでも、もちろんダーキーのアルバムが取り上げられています)。 CDはまだまだ絶対数が少なかった、あるいは高価だったということもありますが、この頃はまだまだタイ現地ではカセットが主流でした。 さらに今はCDに番号はもちろん発売年月日まで記載されていますが、この当時は発売日はおろか番号も記載されていないものがほとんどでした。この辺が後々、プロフィールやディスコグラフィーを調べる上で手こずる理由だったりします。 まぁ、この頃のテープなんて今はほとんど入手は出来ないし(ヤオワラートとかに行けばありそうですが・・・)、よっぽどの好き者以外は聴こうと思わないでしょうが・・・。 でも、中には興味を引かれるものもありますね。ここで取り上げられているイウなんて全然知らなかったし。 イウ(อิ๋ว)ことピムパヨーム・ルアンロート(พิมพ์โพยม เรืองโรจน์)は当時人気のあった歌手のようです。「プレーン・ワーン」というテープは当時のベストセラーだったとの事。これは多分、ルークトゥンの名曲カヴァー集だったのではないでしょうか。 それと「極悪ガントゥルム」というタイトルのポーンポット・ポンパックディー(พรพจน์ พลภักดี)のアルバムも聴いてみたいですね。ガントゥルムに関してはまだまだ知らないことが沢山ありますし。 ルークトゥンモーラムを知る上での貴重な資料 1993年と言えばバブルがはじけた後とはいえ、まだアジアの音楽が注目されていた時期でありました。しかし、雑誌なのでタイの音楽が特集されたのは自分が知る限りでは、ミュージック・マガジンのこの特集だけだったと思います。 しかも、20年経ってもその状況はほとんど進展していません。タイ音楽に関する単行本もこの20年で出版されたのはわずかに2冊のみ。 タイ音楽を聴く日本人のファンは確実に増えているかもしれませんが、環境は良くなったか、と聞かれると答えに困りますね。 でも、自分のようにブログなどを使って少しずつでも理解者を増やしていくしかないのかも知れませんね。 あと重要なのは、この頃はルークトゥン・モーラムを「タイの演歌」と表記していなかったという事ですね。ルークトゥンやモーラムに演歌を関連づけさせるのは比較的最近の事というのが、この頃の記事を読むと良く分かります。 今、この本を入手するのはかなり難しいと思いますが、たまに古本などで出てくることもありますので、見つけた際にはぜひ手にとって読んでみて下さい。 最後に松村氏がこの記事の最後に書かれている言葉は今でも充分通用する言葉だと思うので、それを拝借して、終わりにしたいと思います。 「タイの歌はまだ日本ではマイナーだけれど、タイ歌謡ファンの皆さん、明日を信じてがんばりましょう。」

thThai
jaJapanese thThai

Copyright© ルークトゥンモーラム・ファンクラブ , 2018 All Rights Reserved.